上越あたご福祉会 Facebookページ

2012/12/21

冬至“便り”

今日は冬至、二十四節気の一つになります。

この日、北半球では太陽の高さが一年中で最も低くなります。そのため昼が一年中で一番短く、夜が長くなります。

中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくることから、陰が極まり再び陽にかえる日という意の一陽来復(いちようらいふく)、つまり冬至を境に運が向いてくるとしています。みんなが上昇運に転じる日という訳です。

さて、その冬至の今日、かぼちゃを食べて柚子湯に入るご家庭も多いでしょうが、当法人内の各事業所でも、利用者の皆様に冬至気分を味わっていただきました。

南瓜の煮物いとこ煮南瓜プリン柚子ゼリーもありました。

 

 

 

 

ご存知の方も多いと思いますが、冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかん……など「ん」のつくものを運盛り といって縁起をかついでいたのです。運盛りは縁起かつぎだけでなく、栄養をつけて寒い冬を乗りきるための知恵でもあり、土用の丑の日にも似ていますね。

つまり、かぼちゃも漢字で書くと南瓜(なんきん)。つまり、運盛りのひとつという訳。

 

また、江戸時代中期から風邪や中風の予防にかぼちゃを冬至に食べる風習が根付いたといわれています。これは、当時、冬場に野菜がとぎれてビタミン類が不足することから。

そして、かぼちゃにはカロチンを多く含んでいます。カロチンは、体内でビタミンAにかわって肌や粘膜を丈夫にし、感染症などに対する抵抗力をつけてくれます。

「冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない」といわれるのはそのためです。

 

では、ゆず湯の方は、寿命が長く病気にも強い柚子の木にならって、柚子風呂に入って無病息災を祈る風習になったといわれています。

 

 

ゆず湯に入ると肌がスベスベになる美肌効果があったり、冷え性やリュウマチにも効くし、体が温まってカゼをひかないとも言われています。

そして、冬至の読みは「とうじ」。「湯治(とうじ)」にかけています。

更に「柚(ゆず)」も「融通(ゆうずう)が利(き)きますように」という願いが込められているのです。

これまた「菖蒲湯」に入り、「(我が子が)勝負強くなりますように」という、「願かけ」と同様のようです。

 

昔からの伝承は、なるほどと思うことがたくさんあります。

うんちくは程々にして、皆さんも美味しくかぼちゃを食べ、ゆず湯に入って温まり、風邪などひきませぬように。

いまですとそれに、感染症の予防にも気を付けて・・・・・でしょうか!?

 

                        冬至風呂ことしの手足折り曲げて(佐藤晏行)

最新記事

アーカイブ

上越あたご福祉会 施設一覧

上越あたご福祉会 施設一覧

社会福祉法人 上越あたご福祉会

新潟県上越市三和区井ノ口1718番地4 TEL.025-532-2713 FAX.025-532-2714

社会福祉法人 上越あたご福祉会

新潟県上越市三和区井ノ口1718番地4 TEL.025-532-2713 FAX.025-532-2714

Copyright 2012-2019 Joetsu Atago Fukushikai All Rights Reserved.