上越あたご福祉会 Facebookページ

2013/01/11

鏡開き

今日、1月11日は鏡開きの日。

供えた鏡餅を下げる日は各地方によって違いがあるようですが、年神様がいらっしゃる1月7日までを松の内といいます。

鏡開きは、松の内が明けた1月11日に行うのが一般的のようです。

鏡餅から新しい生命を受ける お正月、神様からは全ての人や物に新しい生命を与えるために現れると伝えられています。

つまり一年に一度新たに生まれ変わるということですね。

 

小規模多機能型居宅介護「居多の里」でも鏡開きが行われました。

桑原管理のコメントから、

お餅はおしるこにしておいしくいただきました。また、正月は居多の里内にある居多神社にお参りし、書初め、福笑いなど正月遊びをしました。

 

 

鏡餅を飾っておくだけだと、年神様にお供え物をしたにすぎません。

また、鏡餅は単なるお供え物というよりも、年神様が宿るところだと考えられているので、鏡餅を開くことで年神様をお送りし、お正月に一区切りつけるのです。

さらに、年神様の力が宿った鏡餅を刃物を使わず木づちなどで叩いて割って(鏡を開く)、いただくことでその力を授けてもらい、1年の一家一族の無病息災を願います。

成程、供えて、開いて、食べてこそ鏡餅の意味があるのですね。

 

それならばと、食べてこそ「鏡開き」と改めて分かりましたので、心置きなく食べられますね!!

 

〒942-0081 新潟県上越市五智2丁目1番3号

小規模多機能型居宅介護「居多の里」

TEL.025-539-0197  FAX.025-539-0198

最新記事

アーカイブ

上越あたご福祉会 施設一覧

上越あたご福祉会 施設一覧

社会福祉法人 上越あたご福祉会

新潟県上越市三和区井ノ口1718番地4 TEL.025-532-2713 FAX.025-532-2714

社会福祉法人 上越あたご福祉会

新潟県上越市三和区井ノ口1718番地4 TEL.025-532-2713 FAX.025-532-2714

Copyright 2012-2019 Joetsu Atago Fukushikai All Rights Reserved.