社会福祉法人 上越あたご福祉会

NSG GROUP

  • PCサイト
  • メニュー
  • 上越あたご福祉会 Facebook
  • 上越あたご福祉会 Instagram
  • 製麺工房・ジェラート工房WITH Instagram
上越あたご福祉会 Facebookページ
ページトップ

2012/11/30

川渡餅!!

先程、実にタイムリーな話題が、複合福祉施設直江津愛宕の園から飛び込んできましたので、ご紹介します。

おやつに皆さんでいただいた「川渡餅」。

今日と明日の二日間、上越市内のどこの和菓子屋さんでも販売されていますので、川渡餅を見ると、思わず「もうこんな時期かね」と・・・・・・・・・

まさにこの地域の冬を感じるお菓子でもあります。

利用者の皆様も、思わずペロリと。

こんな美味しい風物詩は嬉しいですよね。

 

11月30日と12月1日に販売されるこの「川渡餅」は、上越地域では定着されているとは思いますが、そもそもの由来とは、

古くから12月1日を「をとごのついたち」といって、朝、餅をついて食べる習慣があり、これを食べると水難を免れることができるとされていたそうです。

高田地方に十二月一日初雪の早暁を破り「川渡餅ヤーイ餅ヤーイ」と声も勇ましく売り歩く風習があります。(現在はありませんが)

川渡餅の起源は今を去ること永禄四年(一五六一)越後の上杉謙信公は甲斐の武田信玄公と年来の雌雄を決せんとして出陣し、千曲川をはさみ謙信は妻女山に信玄は八幡原に両軍五万余騎が対陣した時、謙信公、戦の前夜士卒に餅をくばり士気旺盛なる威力を以て折からの濃霧の中、川を渡り旧暦十月十日未明武田と激戦の末、勝を得ました。

以来春日山城下高田地方の住民は謙信公の戦勝と武勇にあやかる様、川をわたる前に食べた餅を十二月一日「川渡餅」と称して食べ心身の鍛練とする行事を残す様になりました。

とのことです。

そして、この故事にちなみこの地方では12月1日に川渡もちを食べ無病息災を願う風習とされている訳です。

 

このような話を聞きますと、川渡餅を有難く頂戴したい気持ちになりますね。

皆様も、川渡餅を食べて風邪予防に如何でしょうか。

 

題不識庵撃機山図   ふしきあんきざんをうつのずにだいす
鞭声粛粛夜渡河。   鞭声粛粛として夜る河を渡る
暁見千兵擁大牙。   暁に見る千兵の大牙を擁するを
遺恨十年磨一剣。   遺恨十年 一剣を磨して
流星光底逸長蛇。   流星の光底に長蛇を逸するを

 頼山陽

 

 

〒942-0081 新潟県上越市五智2丁目1番3号

複合福祉施設直江津愛宕の園

 小規模特別養護老人ホーム直江津愛宕の園

 グループホームおたて

 小規模多機能型居宅介護「居多の里」

最新記事

アーカイブ

上越あたご福祉会 施設一覧

上越あたご福祉会 施設一覧