お問い合わせ
ページトップ

働き方WORK STYLE

職群選択制度

上越あたご福祉会では、仕事と生活の調和「ワークライフバランス」の実現を目指して「職群選択制度」を導入しています。
「職群選択制度」とは、職員のキャリアデザインやライフスタイルに合わせて働き方(=職群)を選択できる制度です。色々な経験を積みながら施設運営や経営に携わっていきたい職員、介護職として専門性を高めたい職員、今は子供が小さいので夜勤等の勤務を一時的に外れ家庭や子育てを重視して働きたいなど、一人ひとりの志向に合わせて選択します。原則一年に一度全職員が見直しを行いますが、子育てや家族の介護が必要になった時、もしくは必要なくなった場合など、妥当と認められた場合は随時の変更が可能です。

職群選択制度
職群選択制度

法人内制度

  • 時間有給休暇
    年次有給休暇のうち5日間は1時間単位で取得することができます。
  • 有給休暇ストック制度
    病気療養のため1週間以上の休業が必要になった時や、親等の家族に介護が必要になった時等に使えます。毎年度上限5日間、最大40日間までストックできます。
    病気治療や介護が必要になっても、安心して働き続ける事ができるための制度です。
  • 育児休業
    産後休暇明けから生まれた子供が1歳に達するまで連続して休業することができます。上越あたご福祉会では育児休業は非常に高い取得率を維持しています。
    さらに、特定の理由がある場合、また夫婦で育児休業を取得する場合は、休業期間を延長することも可能です。
  • 育児時間
    1歳未満の子どもを養育する女性職員は、1日2回の育児時間(授乳のための時間)を取得することができます。
  • 短時間勤務
    小学校就学前のお子さんを養育するため、または家族介護のために勤務時間を最大2時間短縮することができます。
  • 介護休業
    要介護状態にある家族を介護する場合最大93日まで休業することができます。

ICT・介護ロボットの導入

当法人では『ICT』や『介護ロボット』導入を行っています。具体的には介護記録システム、見守り型介護ロボット等の導入です。これらの導入により業務の効率化や職員の負担軽減を図っています。また、業務の効率化で職員が直接ご利用者と接する時間が確保できることでき介護サービスの向上にもつながっています。

お問い合わせ